09
cd-img

PROMISED LAND〜約束の地

SRCL-4603 (REMASTERING:1999/09/08)
1982/11/21 released
BACK
sound 01OCEAN BEAUTY
sound 02マイホームタウン
sound 03パーキング・メーターに気をつけろ!
sound 04ロマンスブルー
sound 05恋に落ちたら
sound 06愛しい人へ
sound 07DJお願い!
sound 08バックシート・ラブ
sound 09さよならスウィート・ホーム
sound 10凱旋門
sound 11僕と彼女と週末に
SHOP mora iTunes
自分のなかでは頂点に立つアルバムだと思ってますね。たとえば『君が人生の時…』までを習作時代とすると、最初のいちばん充実していたアルバムなんじゃないかと思います。前にも言ったかもしれませんけど、父を亡くしたときに16時間くらいかかって柩を持って帰ったんです。山口の小さな島なんですけど、そのあいだ、はじめて全部アルバムを通して聞いたんです。そして、このアルバムを柩の中に入れました。作ったあとは、あまりにも観念的なものを作ってしまったんじゃないだろうか、等身大以上のものになってしまったんじゃないかという気がしたんですが、時が経ってみるとすごく優れたアルバムだなと思いましたね。やっぱり『僕と彼女と週末に』がいちばん印象的な曲です。『マイホームタウン』と。子どもの頃、川に魚が浮かんだのを見たんですよ。俺が子どもの頃はちょうど日本の公害時代ですから、そのシーンが目に焼きついていて。その頃、新聞を読んでいて千葉かどこかで魚が打ち上げられた記事があって、その2つが一緒になったんです。恋人たちが土曜日にドライブに行って、何気なく真っ黒な海で泳いで、次の日帰ってみると吐き気がしたっていうのを歌にしようと思ったんですけど、シーンが長くてメロディに乗せられなかったんですよね。本来、語りは好きじゃないんだけど、これは書いたものを削りたくないと思った。それで話すことにしたんです。このふたりの恋人たちというのは、ひょっとしたら次の日から入院して何年かして発癌して死んじゃうかも知れないんだけど、そういう、あるワン・シーンですよね。でも、ある雑誌にリアリティがないと書かれた。最初にステージでやったときも、観客は何を歌っているんだろうっていう感じでしたね。極端な笑い話なんですけど、サンドウィッチを食べるシーンがあるんです。で、あくる日、目が覚めると吐き気がしたというのを「ビールを飲み過ぎたんですか」とか「彼女の作ったサンドウィッチが傷んでたんですか」とか。こいつ何考えてるんだ、みたいな(笑)、そういう時代だったんですね。そのときは、ただ笑ってました。ひきつってましたけど(笑)。