PROFILE

浜田省吾

1952年、広島県竹原市に生まれる。

1972年広島時代の音楽仲間と共に "AIDO" を結成。

1975年5月1日にアルバム「AIDO」とシングル「二人の夏」でCBS SONYからデビューしたが9月末には脱退、翌1976年4月21日、アルバム「生まれたところを遠く離れて」、シングル「路地裏の少年」でソロデビューした。小さなライブスペース、ライトバンでの移動から始まった地道なライブ活動は確実に動員数を増やし続け、1983年8月13日には福岡・海の中道海浜公園にて初のワンマン野外コンサート "A PLACE IN THE SUN"を開催し25000人を、1988年8月20日の静岡浜名湖畔・渚園での "A PLACE IN THE SUN" では当時驚異的ともいえる52000人を動員した。

1998年には20世紀から21世紀をまたぐツアー "ON THE ROAD 2001" が4年がかりの構想でスタート。全国のホールやアリーナそして野外コンサートがスケジューリングされた長いツアーが敢行された。このツアーでは127ヶ所196公演を数え60万人もの観衆を動員。日本の音楽史上他に類を見ないコンサートとして注目された。

レコードセールスに於いては1986年に発売された2枚組のアルバム「J.BOY」が初のアルバムチャート第1位を、1992年2月発売のシングル「悲しみは雪のように」はCX系のテレビドラマ「愛という名のもとに」の主題歌としても起用され初のシングルチャート第1位を獲得し170万枚のセールスを記録した。1995年、浜田省吾のレーベル "CLEAR WATER" 設立、同年7月には阪神淡路大震災のベネフィットシングル「我が心のマリアc/w恋は魔法さ」をリリース。このシングルは"浜田省吾with THE R&S Inspirations" という名でROAD&SKY所属アーティスト全員がレコーディングに参加したものであった。

1996年11月にはソロデビューから通算20枚目にあたるアルバム「青空の扉」、2001年8月にはアルバム「SAVE OUR SHIP」をリリース。そして「SAND CASTLE」「WASTED TEARS」「EDGE OF THE KNIFE」と続くバラードアルバム集としては4作目にあたる作品「初秋」を2003年9月にリリース。2004年にはアレンジャーの水谷公生・作家の春嵐・浜田省吾の3人で "Fairlife"という音楽制作チームを発足し12月にはそのプロジェクトでの1stアルバムにあたる「Have a nice life」をリリース。2005年4月には浜田省吾としてシングル「光と影の季節」、続いて6月にはシングル「I am a Father」をリリース。7月には25作目のソロアルバム「My First Love」をリリース。9月から全国アリーナツアーを敢行。

2006年4月21日ソロデビュー30周年を迎える。
8月9日「The Best of Shogo Hamada vol.1」「The Best of Shogo Hamada vol.2」を2枚同時にリリースした。そして9月15日からON THE ROAD 2006-2007 "My First Love is Rock'n'Roll" というタイトルのツアーをスタートさせた。ソロデビュー30周年を迎えた年、原点であるホールツアーというスタイルで全国を廻るスケジュールが組まれた。2008年4月2日、LIVE DVD「ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love"」をリリース。このDVDは2005年のアリーナツアーと2006~2007年に渡って行われたホールツアーを収録した、約3年、全109公演の集大成となる映像作品となった。2010年10月6日、CD「The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend」、DVD「僕と彼女と週末に」同時リリース。CDはベストアルバム3部作の完結編として完成。30年以上に亘り浜田省吾が問いかけ、語りかけ続けてきたメッセージの数々が音や映像として再び蘇る作品となった。

2011年4月から10月まで全国アリーナツアーを敢行。今回のステージでは、ホーンセクションやストリングスのミュージシャンを含む総勢23人のメンバーで彩られた。ソロデビュー35周年のツアーにふさわしく、幅広いレパートリーの楽曲から新旧の名曲をとりそろえた充実の内容のコンサートになった。3月に起こった震災の為にこのツアーを進行して行く意味は大きく変わることにもなった。4月25日には東日本大震災の復興のためのチャリティーコンサートを急遽、神戸にて開催した。2012年5月、震災の為延期していた宮城公演を開催。6月には2度目の東日本大震災被災地復興支援コンサートをさいたまスーパーアリーナで2DAYS行い、2011年4月から始まった全国アリーナツアーがここで完結した。9月にはそのツアーの模様を収録した、 LIVE DVD・Blu-ray・CD「ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”」をリリース。DVD総合チャート1位を獲得した。

2013年5月から7月にかけて通算8回目となるファンクラブイベントを開催。全国9カ所14公演を行う。イベント開催期間中には、東日本震災復興支援と海外-人道支援プロジェクトの為のチャリティーライブを神戸と東京で開催した。

2014年8月、MVを数多く手がける板屋宏幸監督の初作品映画、「もういちど」が公開され、「君に捧げるlove song」が主題歌として起用された。

2015年1月に6曲入りのEP盤「Dream Catcher」をリリース。新曲「夢のつづき」は映画「アゲイン 28年目の甲子園」の主題歌になった。4月にはオリジナルアルバムとしては10年ぶりの新作「Journey of a Songwriter~旅するソングライター」をリリース。オリコンウィークリーチャート2週連続1位を獲得した。9月からは全国ホールツアーをスタートさせた。

ソロデビュー40周年を迎えた2016年。9月から12月まで5年ぶりのアリーナツアーを開催。前年に発売されたオリジナルアルバム「Journey of a Songwriter~旅するソングライター」の曲と発売30周年を迎えたアルバム「J.BOY」の曲を織り交ぜた楽曲の数々が演奏された。11月には「J.BOY」発売30周年記念のBOXセットも発売された。

2017年9月に自身初となる洋楽カバーアルバム「The Moonlight Cats Radio Show Vol.1、Vol.2」をShogo Hamada & The J.S. Inspirations名義で2枚同時にリリース。オリコンウィークリーチャートで1位、2位を獲得した。同月から全国11都市でのファンクラブイベントを開催。

2018年9月にファンクラブツアーと連動したシングル「Good Night Angel / Love Train」をリリース。2曲とも70年代の楽曲のリメイクとなっている。
同月から全国12都市19公演のファンクラブイベントを開催。2019年1月まで続いた。
常に変わらないスタンスで音楽活動を続けている。

BIOGRAPHY

  • 1952 - 1969
    1952
    広島県・竹原市に生まれる。
    1963
    小学校4年生の頃、音楽に興味を持ち、5年生にはギターを手にする。
    1965
    呉市に転居。ポップミュージックに熱中し、また、ロック・ソウルミュージックを聴きまくる。
    1968
    呉三津田高校に入学。この頃から反抗心が芽生え、同時に本などをよく読むようになる。
  • 1970 - 1979
    1972
    一年間浪人生活を送り、神奈川大学に入学したが、一年半で退学。 “AIDO” 結成。担当はドラムスだった。
    1973
    広島に一時戻りバンド仲間と練習に明け暮れた。
    1975
    05月01日
    アルバム「AIDO」とシングル「二人の夏」でバンドデビュー。
    9月末
    “AIDO” 脱退。
    1976
    04月21日
    アルバム「生まれたところを遠く離れて」でソロデビュー。
    1977
    05月02日
    青山タワーホールにて初のワンマンコンサート。
    05月21日
    2ndアルバム「LOVE TRAIN」リリース。
    1978
    09月21日
    3rdアルバム「Illumination」リリース。
    1979
    バンドスタイルのツアーが始まる。
    05月21日
    4thアルバム「MIND SCREEN」リリース。
    07月01日
    シングル「風を感じて」リリース。この曲は食品メーカーのCMにイメージソングとして起用されヒットした。 TV出演もこの頃回数を重ねた。
    12月05日
    今までの総決算的なアルバム、通算5枚目にあたる「君が人生の時…」をリリース。
  • 1980 - 1984
    1980
    10月21日
    6thアルバム「Home Bound」リリース。ロサンゼルスでレコーディングされた音はロック色の強いアルバムに仕上がった。ある意味本当のデビューアルバムといえる作品になる。
    1981
    09月21日
    通算7枚目にあたるアルバム「愛の世代の前に」リリース。このアルバムは最も短い期間でのレコーディングで完成。
    1982
    01月12日
    初の日本武道館公演。この公演の成功がその後の浜田省吾の音楽人生を転機させることになった。
    02月25日
    初のライブアルバム「ON THE ROAD」リリース。日本武道館と広島郵便貯金ホールのライブが収録。
    03月22日
    "ON THE ROAD"とタイトルされたツアーがスタート。以後、ツアータイトルにはこの"ON THE ROAD"が使われるようになる。
    11月21日
    9thアルバム「PROMISED LAND」リリース。このアルバムは、環境問題の事に関しての詞が反核という視点から話題になった。
    1983
    08月13日
    福岡・海の中道海浜公園にて初のワンマン野外コンサート"A PLACE IN THE SUN"を開催。
    12月01日
    バラードを集め新たにリメイクをしたセルフカバーアルバム「SAND CASTLE」リリース。
    1984
    04月29日
    2回目の"A PLACE IN THE SUN"を横浜スタジアムにて開催。
    10月21日
    通算11枚目にあたる初のセルフプロデュースアルバム「DOWN BY THE MAINSTREET」リリース。
  • 1985 - 1989
    1985
    05月25日
    よみうりランドEASTを皮切りに"ON THE ROAD '85"がスタート。
    11月15日
    クリスマスアルバムとしてミニアルバム「CLUB SNOWBOUND」リリース。
    1986
    09月04日
    2枚組アルバム「J.BOY」リリース。初のアルバムチャート第1位を記録。4週連続1位となった。同日、ツアーON THE ROAD '86 "I'M A J.BOY"が京都会館を皮切りにスタート。
    1987
    デビュー以来、初めてツアーのない年になった。
    06月28日
    CLUB SURFBOUND」と「CLUB SURF&SNOWBOUND」が同時にリリース。
    1988
    03月16日
    アルバム「FATHER'S SON」リリース。
    03月17日
    宮崎市民会館を皮切りにツアーON THE ROAD '88"FATHER'S SON"がスタート。
    08月20日
    静岡の浜名湖畔・渚園で4年ぶりの野外イベント"A PLACE IN THE SUN"を開催。当時、驚異的な数とも言える5万人もの観衆を集める。
    11月18日19日
    留学生支援コンサートをMZA有明で開催。
    1989
    05月21日
    初のLIVE VIDEO「ON THE ROAD "FILMS"」リリース。
    09月01日
    SAND CASTLE」に続くバラードセレクションアルバム「WASTED TEARS」リリース。
  • 1990 - 1994
    1990
    06月21日
    アルバム「誰がために鐘は鳴る」リリース。
    07月21日
    ツアーON THE ROAD '90 "FOR WHOM THE BELL TOLLS"が、青森市民文化会館を皮切りにスタート。
    11月17日
    留学生支援コンサートを駒沢大学記念講堂にて開催。このライブはクローズド・サーキットにて全国にハイビジョン中継した。
    1991
    05月25日
    初のアリーナツアーON THE ROAD '91 "ONE AND ONLY"が、新潟産業振興センターを皮切りにスタート。
    08月10日
    仙台みちのく湖畔公園にて行われた野外コンサートにて、ツアーON THE ROAD '91 "ONE AND ONLY"が幕を閉じた。
    09月01日
    通算3作目にあたるバラードセレクションアルバム「EDGE OF THE KNIFE」リリース。
    1992
    02月01日
    シングル「悲しみは雪のように」リリース。初のシングルチャート第1位に輝く。この曲はドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として起用された。同時に何作もの旧譜がアルバムチャートにランクインしてきた。
    04月01日
    バラード集3部作をまとめた「SHOGO HAMADA BOX」リリース。
    12月12日
    シングル「アヴェ・マリア/永遠の恋人」リリース。このシングルの全ての印税はエイズ予防財団に寄付された。
    1993
    09月06日
    アルバム「その永遠の一秒に」リリース。
    09月14日
    約2年振りとなるツアーON THE ROAD '93 "OCEAN AVENUE 7493"が、福井フェニックスプラザを皮切りにスタート。
    1994
    04月25日
    シングル「星の指輪」がアルバム「その永遠の一秒に」からシングルカットされリリース。 同日、前回のホールツアーが終了と同時に、次のツアーON THE ROAD '94 "THE MOMENT OF THE MOMENT"がスタート。このツアーはアリーナツアーだったが、初日は20年前にプロとして初めてステージに立った思い出の会館でもある京都会館が皮切りの場所として選ばれた。そしてツアーの途中、メンバーの町支寛二の急病にともない、ツアーの半分が3ヶ月ほど延期され、95年の1月13日まで続くこととなった。
  • 1995 - 1999
    1995
    04月26日
    初の写真集「ROAD OUT」が発売。
    07月01日
    シングル「我が心のマリア/恋は魔法さ」リリース。 このシングルは浜田省吾with R&S INSPIRATIONSというメンバーで、同じ所属プロダクションのアーティストが全員レコーディングに参加。この印税収益は阪神淡路大震災の復興のために役立てられることになった。同時に、浜田省吾のレーベル "Clear Water"が設立。
    08月06日
    平和祈念コンサート "HIROSHIMA 1995"に参加。ハウンドドッグのメンバーとセッションが行われた。
    1996
    02月29日
    2作目の映像作品「ROAD OUT "MOVIE"」とCD「ROAD OUT "TRACKS"」を同時リリース。
    09月30日
    アルバムの先行シングルとして「さよならゲーム」リリース。
    11月11日
    通算20枚目にあたるアルバム「青空の扉」リリース。
    11月16日
    ON THE ROAD '96 "TENDER IS THE NIGHT"が三重県サンアリーナを皮切りにスタート。アリーナツアーというスケジュールが組まれたが、勢いは衰えることなく全国SOLD OUTとなる。
    1997
    01月22日
    21枚目のアルバム「初夏の頃」リリース。このアルバムはAIDO時代を含め、「君が人生の時…」までのアルバムから選曲され、初期の初々しい作品が再び息を吹き返した作品となった。同時にアナログ盤もリリース。
    04月13日
    札幌・真駒内アイスアリーナにてON THE ROAD '96 "TENDER IS THE NIGHT"が幕を閉じた。
    10月22日
    シングル「イメージの詩」リリース。
    1998
    04月01日
    シングル「モノクロームの虹」リリース。
    04月10日
    ON THE ROAD 2001 "THE MONOCHROME RAINBOW"が埼玉県・川口リリアメインホールを皮切りにスタート。このツアーはそのタイトルどおり2001年まで続くプランとなった。ホールツアーやアリーナツアーそして野外コンサートも計画され過去に類のない長いツアーになるプランで進められた。
    10月01日
    シングル「LOVE HAS NO PRIDE」リリース。この曲はヒップホップにアレンジされたダンサブルな曲になった。
    12月02日
    シングル「詩人の鐘/日はまた昇る」リリース。
    1999
    ON THE ROAD 2001 "THE MONOCHROME RAINBOW"のツアーが継続。夏には野外コンサートが北海道・東京・広島の3ヶ所にて行われ、"SUNSHINE PICNIC&MOONLIGHT DANCING"というタイトルが付けられた。そしてその後もホールツアーを継続。
    09月08日
    Home Bound」「愛の世代の前に」「PROMISED LAND」「DOWN BY THE MAINSTREET」「J.BOY」「FATHER'S SON」「誰がために鐘は鳴る」の7タイトルをリアレンジ&リミックス&リマスタリングでリニューアルリリース。
  • 2000 - 2004
    2000
    04月01日
    シングル「…to be "Kissin'you"」リリース。
    09月06日
    ON THE ROAD 2001"THE MONOCHROME RAINBOW"のホールツアーが名古屋国際会議場センチュリーホールにて完結。全国のホールを隈なく廻ったこのツアーは140ヶ所168公演を数えることになった。
    11月08日
    初のヒストリーアルバム「The History of Shogo Hamada "Since1975"」リリース。
    2001
    08月01日
    シングル「君の名を呼ぶ」リリース。
    08月22日
    ソロになり23作目にあたるアルバム「SAVE OUR SHIP」リリース。
    09月01日
    幕張メッセ・イベントホールを皮切りにアリーナツアーへと突入していった。ON THE ROAD 2001 "THE SHOGO MUST GO ON"と名づけられたこのアリーナツアーは15ヶ所38公演になった。そして12月の暮れにこのツアーは終了した。 この年、NHK(総合・BS2・ハイビジョン)にてスペシャル番組が制作された。久しぶりのTV出演ということで話題になった。
    2002
    01月10日11日
    長く続いた"ON THE ROAD 2001"のアンコールコンサートとも呼べるステージが日本武道館にて開催。20年前の同月に初めて武道館公演を行ったこともあり、さまざまな意味がこのステージに込められていた。このコンサートは"SHOGO HAMADA AT BUDOKAN"とタイトルされた。
    07月31日
    4年間に渡るツアーの記録としてDVD2枚組+ライブCDのDVD-BOXが「ON THE ROAD 2001」とタイトルされリリース。
    08月21日
    WE ARE STILL ON THE ROAD」とタイトルされたLIVE DVD&VIDEOをリリース。
    2003
    09月10日
    シングル「君に捧げるlove song」リリース。このシングルはこの後に発表されるバラード集の先行シングルとしてリリース。
    09月26日
    4作目のバラードセレクションアルバム「初秋」リリース。 同時に「SAND CASTLE」「WASTED TEARS」「EDGE OF THE KNIFE」過去3作のバラード集がリマスタリングされリリース。秋からはファンクラブ会員限定のコンサートが全国で開催された。
    2004
    "Fairlife"という名の音楽制作チームを作った。古くから交流がありアレンジャーとしても活躍の水谷公生、そして新人作家の春嵐、そして浜田省吾の3人で構成。浜田は主に作曲を担当。
    09月23日
    第1弾のシングル「永遠のともだち/砂の祈り」リリース。ゲストボーカルにポルノグラフィティの岡野昭仁が参加。このシングルはチャリティシングルとしてリリースされ被災地や戦災地の復興支援に役立てられることになった。
    12月01日
    1stアルバム「Have a nice life」リリース。ゲストボーカルにはポルノグラフィティの岡野昭仁、岸谷香、我那覇美奈、藤岡正明、首里フジコ等が参加。今までの浜田省吾の音楽活動と比較するとよりリラックスした一面が見られる活動になった。発売日同日の12月1日にはFairlifeとして"AAA(Act Against AIDS)"のイベントで日本武道館のステージに立った。
  • 2005 - 2009
    2005
    1月から通算25作目にあたるアルバム「My First Love」のMIXの為ロサンゼルスに渡航。 このオリジナルアルバムは2004年の秋からFairlifeの楽曲制作と並行してレコーディングが行われた。アレンジャーには星勝氏を起用。
    04月13日
    シングル「光と影の季節」リリース。
    06月08日
    シングル「I am a Father」リリース。
    07月06日
    アルバム「My First Love」リリース。
    08月31日
    "VISUAL COLLECTION"と題して初の映像作品集「Flash&Shadow」をリリース。今までのビデオクリップやステージ映像など数々の映像が詰まったDVD作品集となった。
    09月03日
    全国アリーナツアーON THE ROAD 2005 "MY FIRST LOVE"が長野ビッグハットを皮切りにスタート。
    12月11日
    10都市26公演にわたるアリーナツアーがさいたまスーパーアリーナにて終了。メインステージでのパフォーマンスもさながら、センターステージでの客席との一体感がより一層記憶に残るツアーとなった。
    10月12日
    アルバム「My First Love」からリカットされたシングル「Thank you」をリリース。カップリング曲にはツアーON THE ROAD 2005 "MY FIRST LOVE"のセンターステージでも好評だった「さよならの前に」を新たにレコーディングして収録。
    2006
    04月21日
    ソロデビュー30周年を迎える。
    08月09日
    初のベストアルバム「The Best of Shogo Hamada Vol.1」「The Best of Shogo Hamada Vol.2」の2枚を同時にリリース。浜田本人により選曲されたこのベストアルバムは幅広い年齢層に注目を浴びた。
    09月15日
    ON THE ROAD2006-2007 "My First Love is Rock'n'Roll"が松戸市文化会館・森のホール21を皮切りにスタート。このツアーは原点でもある、ホールツアーというスタイルでスケジュールが組まれ全国各地を2年間かけて廻るプランになった。
    2007
    11月27日
    2006年から続いていたON THE ROAD2006-2007 "My First Love is Rock'n'Roll"ツアーが山形県・酒田市民会館にて無事に終了。ソロデビュー30周年の年にスタートしたこのツアーは新旧問わずさまざまな楽曲が披露された。印象的なシーンとして、デビュー当時を彷彿させるセットや衣装でデビュー曲を歌う場面もあり、幅広い年齢のオーディエンスで会場は熱く盛り上がった。2年間に渡るツアーは全国53ヶ所83公演のホールツアーというスケジュールだった。
    2008
    04月02日
    LIVE DVD「ON THE ROAD 2005-2007"My First Love"」リリース。このDVDは2005年のアリーナツアーと2006~2007年に渡って行われたホールツアーが収録され、約3年間、全109公演の集大成となる映像作品となった。
    2009
    4月から7月にかけて通算7回目となるファンクラブイベント"100% FAN FUN FAN" featuring Katz Hoshi 春の音楽会「春来たりなば夏遠からじ…」を開催。全国11カ所15公演に渡って行われたこのイベントはコンサート形式で行われ、通常のバンド編成にストリングス11名を加え、ロックとクラシックが融合する壮大なステージとなった。
  • 2010 - 2014
    2010
    10月06日
    CD「The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend」、DVD「僕と彼女と週末に」同時リリース。CDはベストアルバム3部作の完結編として完成。30年以上に亘り浜田省吾が問いかけ、語りかけ続けてきたメッセージの数々が音や映像として再び蘇る作品となった。
    2011
    04月16日
    全国アリーナツアー ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"が静岡エコパアリーナを皮切りにスタート。
    04月25日
    3月11日に発生した東日本大震災の復興チャリティーコンサートを急遽、神戸ワールド記念ホールで行う。
    10月30日
    4月からスタートした12都市35公演のアリーナツアーが、さいたまスーパーアリーナにて一旦終了。震災の影響で宮城公演が2012年の5月に延期と決まった。
    2012
    05月19日20日
    延期していた宮城公演を2日間にわたり開催。長い期間の延期スケジュールになってしまったが、遂に待ち望んでいたオーディエンスの期待に応えることが出来た。
    06月02日03日
    2度目となる東日本大震災 被災地復興支援コンサートをさいたまスーパーアリーナで開催。2日間で¥122,034,583をJ.S.Foundationを通じて被災地復興のための支援金として寄付した。
    09月19日
    2011年からのツアーの模様を収録した、LIVE DVD・Blu-ray・CD「ON THE ROAD 2011“The Last Weekend”」をリリース。DVD総合チャート1位を獲得した。
    2013
    5月から7月にかけて通算8回目となるファンクラブイベント“100%FAN FUN FAN”On The Avenue 2013「曇り時々雨のち晴れ」を開催。 全国9カ所14公演に渡って行われたこのイベントはコンサート形式で行われた。通常のバンド編成にホーンセクション2名と初めての女性コーラス2名を起用。ヨーロッパの街並を彷彿とさせるセットの中、久しぶりに演奏された曲も多くあり、改めて楽曲の素晴らしさを再認識させるステージとなった。 ON THE AVENUE 2013 special チャリティーライブ For 東日本震災復興支援&海外-人道支援プロジェクトを開催。
    06月17日18日
    神戸・国際会館こくさいホール
    07月04日05日
    東京・NHKホール 4日間で38,313,803円をJ.S.Foundationを通じて寄付した。
    2014
    08月23日
    MVを数多く手がける板屋宏幸監督の落語を題材にした初作品映画、「もういちど」が公開開始。この映画には「君に捧げるlove song」が主題歌として起用され、多くの映画ファン、落語ファンに親しまれた。
  • 2015 - 2019
    2015
    1月から通算31作目となるアルバム「Journey of a Songwriter~旅するソングライター」のMIXの為、ロサンゼルス、マイアミに渡航。MIXエンジニアは、Chris Lord-Alge、Jack Joseph Puig、Tom Lord-Algeの3人。 このオリジナルアルバムは、2013年春からデモテープ作りを開始し2014年にレコーディングされた。アレンジャーには水谷公生氏を起用。
    01月14日
    6曲入りのEP盤「Dream Catcher」リリース。
    04月29日
    09月14日
    全国ホールツアーON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter”がよこすか芸術劇場を皮切りにスタート。2016年の1月23日の鹿児島市民文化ホールまで続く。
    2016
    01月07日08日
    ON THE ROAD 2015 SPECIAL ネパール被災地復興支援&海外人道支援プロジェクトサポートの為のチャリティーコンサートを東京国際フォーラムホールAにて開催。
    01月23日
    24都市32公演の全国ホールツアーON THE ROAD 2015 “Journey of a Songwriter”が鹿児島市民文化ホールにて終了。最終日、鹿児島でのまさかの雪で開催が危ぶまれたが、無事に終了した。
    08月31日
    初めてプロデュースした中嶋ユキノのメジャーデビューアルバム「N.Y.」がリリースされた。
    09月17日
    全国アリーナツアーON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter” since 1976が長野ビッグハットを皮切りにスタート。
    11月09日
    “J.BOY” 30th Anniversary Box」と「“J.BOY” 30th Anniversary Edition」を発売。リマスター音源や「ON THE ROAD ’86 “I’m a J.BOY”」のライブ映像などを封入した豪華な仕様のBOXセットとなった。
    12月20日
    ON THE ROAD 2016 SPECIAL J.S.Foundation人道支援プロジェクトサポートの為のチャリティーコンサートを広島グリーンアリーナにて開催。
    12月24日
    9月からスタートした10都市22公演のアリーナツアーが広島グリーンアリーナにて一旦終了。延期となった福岡公演は2017年4月に開催。
    2017
    04月18日19日
    国連UNHCR難民支援プロジェクトサポートの為のチャリティーコンサートを名古屋ガイシホールにて開催。2日間で¥47,363,485をJ.S.Foundationを通じて国連UNHCRに寄付した。
    04月26日27日
    延期になっていた「ON THE ROAD 2016“Journey of a Songwriter”since 1976」福岡公演を開催。10都市25公演(チャリティー公演含む)250,000人を動員してツアーは終了した。
    09月06日
    Shogo Hamada & The J.S. InspirationsによるR&Bカバーミニアルバム「The Moonlight Cats Radio Show Vol.1」「The Moonlight Cats Radio Show Vol.2」を2枚同時にリリース。タイトルの通りラジオ番組風の作りになっており、リードボーカルは楽曲により複数のバンドメンバーが担当する。オリコンウィークリーチャートで1位、2位を獲得した。 9月から12月にかけて通算9回目となるファンクラブイベント100% FAN FUN FAN 2017“The Moonlight Cats Radio Show”を開催。全国11都市19公演に渡って開催されたこのイベントはコンサート形式で行われた。途中休憩を挟む2部構成のステージとなっており、1部ではカバーアルバム「The Moonlight Cats Radio Show Vol.1」「The Moonlight Cats Radio Show Vol.2」の楽曲が演奏された。広島公演は、2018年1月に延期となった。
    2018
    09月26日
    ファンクラブツアーと連動したシングル「Good Night Angel / Love Train」をリリース。2曲とも70年代の楽曲のリメイクとなっている。
    09月29日
    通算10回目となるファンクラブイベント『100% FAN FUN FAN 2018 Welcome back to The 70’s “君が人生の時~Time of Your Life”』が福岡を皮切りにスタート。全国12都市19公演に渡って開催されたこのイベントはコンサート形式で行われた。70年代に発表された楽曲で構成されたコンサートは、2部構成となっており1部は弾き語りで演奏された。ツアーは2019年1月の神戸公演まで続いた。