DISCOGRAPHY

cd-img

18th ALBUMその永遠の一秒に~The moment of the moment~

SRCL-2685
1993/09/06 released


  • 01境界線上のアリア
  • 02傷だらけの欲望
  • 03最後のキス
  • 04悲しみ深すぎて
  • 05ベイ・ブリッジ・セレナーデ
  • 06こんな気持のまま
  • 07星の指輪
  • 08裸の王達
  • 09初秋

ロサンゼルスでトラック・ダウンをしてきました。ミキサーのトム・ロード・アレジも、アシスタントのデイブも若い世代だから冗談ばかり言ってるんだけど、「俺たちはお世辞は言わないけどよー、ものすごい曲がいい」って(笑)。音もいいし、持ってきてくれた段階でチャンネルもすごい整理されてるし、やっててすごい楽しい、やりやすいって言ってくれたんです。「アメリカの音楽をルーツにした音楽をやってるけど、(日本語なので)言葉は全然わからないだろう?どんな感じがする?」って聞いたら、「確かに言葉はわからないけど、ものすごく個性がある」って。
アメリカの音楽をベースにしているけど、どこかちょっと、フレーズやコード進行が微妙に少しずつ違うと。でも、実はそういうことは全然気にしていない。日本っていう極東の国に住んでいてロック・ミュージックをやってることへの複雑な思い――『FATHER'S SON』や『J.BOY』のときに「それが俺なんだ」、「それが血なんだ」って割り切った部分があるから、今は俺もそんなにこだわってはいないけど――そういうものは彼らにとっては、不思議だという感覚さえない。とにかく曲がいい、それだけで充分楽しめちゃうっていう感じ。基本的に今回は、俺と星勝さんと梁(邦彦)くんとの3人で注文を出すんですが、一度にいろんな人がミキサーに言うとスムーズにいかないので、スタジオでいちばん最初に言ったことは、「俺たちはいちばん最年長の星さんを通して、意見をまとめて言うから」ということでした。曲によっては70数チャンネルとか、けっこうたくさん音が入っていて――それを整理するのがトラック・ダウンの仕事ですが――俺たちも「どうやって整理していくのか、見ものだな」って思ってたんだけど、最初のラフ・ミックスの段階で、我々が期待しているよりもはるかに上のものが、すでに出来上がってくるんです。自分たちが想像している以上のアイデアが入ってきて、うれしくなっちゃいました。

BACK