14
cd-img

FATHER'S SON

SRCL-4607 (REMASTERING:1999/09/08)
1988/03/16 released
BACK
sound 01BLOOD LINE
sound 02RISING SUN
sound 03DARKNESS IN THE HEART
sound 04WHAT'S THE MATTER,BABY?
sound 05A LONG GOODBYE
sound 06I DON'T LIKE "FRIDAY"
sound 07BREATHLESS LOVE
sound 08NEW YEAR'S EVE
sound 09RIVER OF TEARS
sound 10THEME OF FATHER'S SON
SHOP mora iTunes
このジャケットは、わざとスプリング・スティーンのパロディーにしたんです。綺麗すぎてあんまり洒落になんなかったかもしれないけど、ようするにライク・アメリカン・ボーイなんですね。最初はマッカーサーと同じ恰好をして撮ろうかって言ってたんですよ。俺と同じレイ・バンしてたでしょ。それは俺のアイデアだったんだけど、拒否された。そのときは面白いと思うかもしれないけれど、あとで嫌になるよって。『J.BOY』ではじめたことにケリをつけたって感じがしますね。『路地裏の少年』って家を出る少年の歌なんですよ。家出をしていく。で『THEME OF FATHER'S SON』って『遙かなる我家』なんですよね。ある種、気持ちで帰郷してるんですね。やっぱり終わったんだと思いますね。俺のなかで一巡して帰って来たんだと思います。『路地裏の少年』がはじめて父の息子なんだということを意識して、少年でなくなったんだと思う。大人になったんじゃないかと。ただ、あとから自分でこうやって解釈をつけてるだけであって、作ってるときは、そんなこと考えて作ってるわけじゃないですけどね。男の子が家族をなくしたりとか、離婚したかもしれないし、社会に出て成功したかもしれない。『DOWN BY THE MAINSTREET』、『J.BOY』、『FATHER'S SON』3つでひとつとしてつながっています。ツアーでは『RISING SUN』という曲で、原爆が落ちた瞬間から戦後をスライドで流すんです。それで、コンサート・ツアーの最後の頃に昭和が終わって、自分が抱えてきたテーマと昭和が終わったのが一緒だったから、本当に区切りがついた気がした。それがちょうど1989年だったんです。