17
cd-img

EDGE OF THE KNIFE

SECL-10003 (REMASTERING:2003/09/26)
1991/09/01 released
BACK
sound 01SWEET LITTLE DARLIN'
sound 02想い出のファイヤー・ストーム
sound 03恋に落ちたら
sound 04EDGE OF THE KNIFE
sound 0519のままさ
sound 06キャンパスの冬
sound 07愛のかけひき
08途切れた愛の物語
09ラストショー
10遠くへ
SHOP mora iTunes
『SAND CASTLE』と『WASTED TEARS』というバラードを集めたアルバムがありますが、このアルバムの位置するのは、『SAND CASTLE』の前の年代、つまり『SAND CASTLE』は20代の若い恋人たちが主人公で、『WASTED TEARS』は30代になった大人たちが主人公。これは10代後半から20代にかけての恋人たちが主人公として登場するアルバムなんです。タイトルの『EDGE OF THE KNIFE』というのは、まるでナイフの刃の上を歩くような若い日々という意味なんですけどね。本当によくプロデュースされたアルバムで、曲自体もいいし、サウンドもミキシングもいい。星勝さんとトム・ロード・アレジという人が作品のクオリティを高めていると思う。音がすごくプロフェッショナルでいて、歌の内容がすごく若々しい、その辺のバランスが絶妙だよね。音も成熟していて、歌の内容も成熟している『WASTED TEARS』のようなものはあるけど、歌の内容が若々しくて、音が成熟している、プロデュースされているって、あまりないでしょ。自分で言うのもなんだけど、"上質の青春映画"のような気がするな。