25
cd-img

My First Love

SECL-208
2005/07/06 released
BACK
sound movie 01光と影の季節
sound 02この夜に乾杯!
sound 03旅立ちの朝
sound movie 04Thank you
sound 05デスク越しの恋
sound 06誰かどこかで
sound sound 07I am a Father
movie 08花火
sound 09初恋
sound 10君と歩いた道(album ver.)
sound 11ある晴れた夏の日の午後
SHOP mora iTunes
歌を書き、アルバムを作り始めて30年がたつ。浜田省吾はアルバム制作のたびに、常に前作より優れたものにしたいと願い、自分自身に課すハードルのバーを高く設定し続けてきた。
だからこそ、彼の音楽キャリアの頂点ともいえる、世紀をまたぎ4年にわたるツアー"ON THE ROAD 2001"を終え、さらにそのツアー中に制作したアルバム『SAVE OUR SHIP』を経て、「今までよりさらに優れた作品を作ることができるのか」「ソングライターとして限界を意識する時期に来ているのでは」と自問することもあったという。
しかし、そんな気持ちとは裏はらに、2004年に入り浜田省吾は「まるでゾーンに入ったかのごとく」一気に曲を書き上げた。主人公である男たちの日々の中にある"光と影"、その一瞬一瞬を切り取った短編小説のようなアルバム。短編小説でありながらその全ての楽曲が、一気に書き上げた勢いのまま空気を揺らし、聴く者にも“一気に聴きたい”思いを起こさせる全11曲である。
サウンドとしては、ひと言で言えば初心に帰るアルバム。作者はこう語る。「実は俺には初恋の人と呼ぶにふさわしい女のコがいないんです。それであるときふと思いました。ひょっとしたら俺の初恋は1963年、10歳のときにラジオから流れるビートルズを聴いて大好きになった、あのときなのかもしれないって」。タイトルの『My First Love』には、そんな思いも込められているのだろう。
「ロックミュージックとは何か」「ロックをやっている日本人の自分のアイデンティティとはいったい何か」などといったことを考える以前、彼が10代前半の頃R&Bやロックに夢中になった、その当時の素直で初々しい気持ちに帰る音になっている。もちろん、60年代や70年代のフレーバーをふりまきつつ、その時代を回顧するノスタルジックな歌にはけっしてならないところが、浜田省吾の"現役性"である。
J.J.P(Jack Joseph Puig/グラミー最優秀楽曲賞を獲得したジョン・メイヤー『ドーターズ』のプロデューサー兼エンジニア)やクリス・ロード・アレジ(同じく最優秀ロックアルバム賞を獲得したグリーンデイ『American Idiot』のエンジニア)など世界でもトップのミキサーの協力も得て、そこにはまさに2005年の旬な音が展開されている。