01
cd-img

ON THE ROAD "FILMS"

【DVD】SEBL-40 【VHS】87ZH240
1989/05/21 released
BACK
01Opening:THEME OF FATHER'S SON
02A PLACE IN THE SUN
03路地裏の少年
04終りなき疾走
05いつかもうすぐ
06AMERICA
07HELLO ROCK & ROLL CITY
08Tour Scraps
09MONEY
10DANCE
11片想い
12Medley:明日なき世代〜八月の歌〜BIG BOY BLUES
13こんな夜はI MISS YOU
14愛のかけひき
15丘の上の愛
16J.BOY
17DARKNESS IN THE HEART (少年の夏)
18ON THE ROAD
19Closing:THEME OF SAKURA
SHOP
ライブとライブ・ビデオは似ているようで全く違うものだと思うんですよね。ライブは"その場"にいて、"空気"を感じるものだし、ビデオはあくまでブラウン管に映し出されたものを見るわけだから。ボリュームを上げるのも自由だし、次の曲にとばすことも出来る。ライブの記録ではあるんだけれど、ライブ・レコードとも違って、むしろテレビに近いものだ、と。そういう感じだったんで、これまでビデオを出すことにあまり積極的になれなかったんです。でも、その一方で、10年くらい前からコンサートをビデオに撮っていたんですよ。個人的な記録としてね。で、去年の浜名湖・渚園での『A PLACE IN THE SUN』をはじめてフィルムで撮った。そのフィルムを見たときに、うん、これだったらライブの映像をまとめたひとつの作品が出来るんじゃないかなって思って、それでスタッフに「作りはじめてほしい」と言ったんです。(聴衆の声はほとんどカットされているが)歓声をどうするか、悩んだのは確かです。最終的に曲と曲とのつなぎの部分だけ、歓声をクロスさせるというかたちにしたんですけど…。
ライブ・レコードの『ON THE ROAD』のときは、ライブの臨場感を出そうと思って、歓声や演奏のドワンドワンって音をそのまま出したんですけれど、今回は逆に、音だけ取り出しても充分に聞けるようなクオリティのものにしよう、と。で、楽器もボーカルもライン録りした音を使い、歓声はオフにしたわけです。(出来上がった作品を見ると)なんかタイム・マシンに乗ったような気持ちでね、画面を見ながらいろんなことを思い出していましたね。
「このときは体調が悪かったなあ」とか…。あと、渚園での野外コンサートは、これまで見たこともない数の観客を目の前にしながら、自分でも不思議なくらいクールに、楽しみながらやれたんですけれど、この映像を見てあらためて「こんなに規模の大きいコンサートだったのか」と驚いたり(笑)。
(『GB』1989年7月号より抜粋。インタビュアーは山本智志氏)